改造申請.comトップ画像

シーカヤックトレーラ製作

2016/12/26

岩手県宮古市の「日出島パドリングクラブ」様よりシーカヤックを運搬するトレーラのご依頼がありました。

同クラブのホームページには、「3.11の大津波で被害を受けたのは人が造ったもの、人の手が加えられたところがほとんどでした。海を体で感じることのできるシーカヤックで漕ぎだし、海側から自分たちの暮らしを眺めてみませんか。 」との衝撃的な一文があり、できる限りの協力をすべくフルオーダーでのトレーラ製作に取り掛かりました。

■今回のトレーラでの重要ポイント
・牽引車は軽トラックであるため、トレーラの車両総重量は350kg前後
・シーカヤック1艇の重量から算出し、積載量は150kg以上、可能なら200kg
・トレーラの車幅は牽引車と同等にし、運転時の負担軽減
・積載するシーカヤックにより二段積みのバーが上下に移動できる仕様
・海辺での使用が多いため防錆と水抜きに考慮
・5m超のシーカヤックもきちんと積載できること

これらの条件をすべてクリアできる市販トレーラはありません。フルオーダーですべての条件をクリアしたトレーラを製作しましたが、依頼者様との打ち合わせ、仕様変更などを繰り返し三ヶ月ほどかかりやっと納車することが出来ました。

基本仕様を決めるための図面ですが、図面だけでも何回もやり直しました。
シーカヤックトレーラ図面

図面寸法に従いフレームを製作していきます。全長5m超のためランクルより長いです。
シーカヤックトレーラフレーム

三角部の補強と何度も試行錯誤した一段目
補強と一段目

ほぼフレームのみの構成のため灯火類の取付位置についても何回も打ち合わせ
テールランプ取り付け

一段目が完成したため鉄橋に使われる橋脚用防錆塗料を塗布
一段目完成&防錆塗装

二段目が完成、簡単に高さ調節ができる仕様です

無事に運輸局の決裁も貰い予備検査を受けるだけです
組立車審査結果通知書

オーナー様に遠路はるばる引き取りに来ていただきました
岩手県宮古市からの引き取り

軽トラに連結すると超ロングなのがわかります。車幅は軽トラと同じなので、意外に運転はし易いです。
軽トラに連結したトレーラ

岩手に戻ったオーナー様からすぐにシーカヤックを載せた様子の写真が届きました
シーカヤックを積載した様子

近日中に本登録されるようなので、三陸の海岸沿いで走り回る姿が楽しみです。

このような市販では見つからないトレーラも、できる限りご希望に沿う形で製作いたしますので、お気軽にお問合せ下さい。

書類作成依頼 ショップ向けシステム

お問合せはこちらから